流行メイク 年代別


 
1950年から現在までの流行メイクは、どのように変化しているでしょうか。

メイクは一定周期で繰り返されています。
1950年〜1970年、メイクデザインには一つの型ができ上がりました。
現在のメイクは、これまでのメイクが進化した形になっています。

1950年代、お洒落の手本はオードリー・ヘップバーンのメイクでした。
この戦後の時代には、欧米のファッションが取り入れられて、映画女優がオシャレの手本となりました。
エレガントをめざし、外国人女優に憧れた時代です。
その中でも特に注目されたメイクは、庶民的で可愛い「ツイギー・メイク」です。
メイクの特徴】
 肌・・・白めのファンデーション
 眉・・・太く短めの直線
 目・・・太い切れ長
 口・・・真紅の口紅
この「ツイギー・メイク」が50年代に大流行したメイクです。

1960年代前半は、淡い色のメイク流行しました。
今までは「赤」と決まっていた口紅に、淡いピンクが登場しました。
眉は、太め→丸く細い形 と変化しました。
メイクの特徴】
 肌・・・白め
 眉・・・丸く細い
 目・・・太めのアイラインと淡い色
 口・・・淡いピンク
 頬・・・中央にピンク
これが60年代前半のメイクです。

60年代後半〜70年代前半のメイクは、「付けまつ毛」と「二重アイライン」でした。
肌の色は、白から小麦色へ変化します。
メイクアイメイクが中心で、目を強調するのがこの時代のメイクの特徴です。
現代と似ていますね。
メイクの特徴】
 肌・・・小麦色
 眉・・・さらに細くて薄い
 目・・・付けまつ毛と極端なアイライン
 口・・・目を強調するためにベージュ系
 頬・・・立体的に引き締める

70年代は、DCブランドとバブルの時代でした。
70年代、眉は自然のまま、色は使わないメイクが流行しました。
ナチュラルメイクが一番キレイとされた時代です。
メイクの特徴】
 肌・・・オークル系
 眉・・・太い
 目・・・何もしない or ブラウンかベージュ系
 口・・・落ち着いたブラウン系
太い眉の「ナチュラルメイク」が70年代のメイクです。

80年代後半のメイクは、バブルの好景気で、華やかなメイクが流行りました。
洋服もカラフルなボディコンが大流行し、ディスコブームが到来しました。
メイクの特徴】
 肌・・・オークル系
 眉・・・形を揃える
 目・・・華やか色
 口・・・強い赤紫
派手な「ジュリアナメイク」が80年代後半のメイクです。

90年代の一般メイクは、バブルが崩壊したこともあり、細眉メイクが復活しました。
メイクの特徴】
 肌・・・オークルかナチュラル系
 眉・・・形は細く、色はブラウンかグレー
 目・・・明るめの色とマスカラ
 口・・・ピンクかベージュ
 頬・・・オレンジ系のナチュラルカラー
このように自然に仕上げるメイクが、90年代の「一般メイク」です。

90年代のもう一つのメイクは、「コギャルメイク」です。
メイクは色黒を強調し、綺麗なメイクが異質なモノへと変化してゆきました。
メイクの特徴】
 肌・・・日焼けサロンで黒く焼く
 眉・・・薄く、またはそり落とす
 目・・・太いアイライン、白のアイシャドウ、濃い付けまつ毛
口・・・白いピンク系

2000年のメイクは「コギャルメイク」が発展したもので、目を強調するアイメイクがポイントになります。
メイクの中心は「まつ毛」で、「マスカラ」や「付けまつ毛」も欠かせないアイテムになりました。
そしてパールを強調したメイクが特徴的になり、化粧品のほとんどにパールが入りました。
メイクの特徴】
 肌・・・小麦色とツヤ肌を強調
 眉・・・形を整えて薄いブラウン
 目・・・落ち着いたパール系のシャドウ、まつ毛を強調
 口・・・リップグロス
 頬・・・落ち着いた色で立体感を出す
まつ毛を強調した「ツヤ肌メイク」が、2000年のメイクです。
タグ:メイク 流行
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。